自営業の
住宅ローン審査

自営業でも審査に通る住宅ローンはどこですか?

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

憧れのマイホームの購入を検討されている自営業の方は多いと思います。

購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。

銀行や信用金庫、ネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。

住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

住宅購入を考えても自分の家になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

自分の家になるまでには3.4カ月の時間がかかります。

今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む自営業の方は融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、それほど変わらなかったという事もあります。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

ゆくゆくは自分の家が欲しい方、住宅ローンの借り入れを考えている自営業の方は確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

参考:自営業でも住宅ローン審査が通りやすい銀行は?【個人事業主おすすめ】

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

実際に利用している方の自営業の方に評判も参考にしてみて下さい。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、査定金額よりもローンの方が大きくなってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。

住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり自営業の方です。

繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

マイホームが欲しい!と思ったとき住宅ローンが役立ちます。

申し込みは、銀行や信用金庫などから申請も出来ますが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますのでそこで提携している金融機関に申し込みをしても良いと思います。

返済に関しては人によって違ってきますが最長35年まで借り入れする事が可能です。

しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。

一般的に、40歳を超える申し込みに関しては難しくなるケースが多いようです。

 

 

自営業でも借りられる住宅ローンは?

これから新築で家を建てる方も、中古物件を検討中の方もローンの他に火災保険にも入らなければなりません。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う自営業の方も多いでしょう。

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、月々の支払いを安くするために申請しなければ、住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけば契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査が行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている自営業の方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが現実のところ、期間いっぱいかかる自営業の方は少数のようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

迷った時は自営業の方に評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、きちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

それにより、確実に通る。

というものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

ゆくゆくは自分の両親と一緒に住みたいと考えている方に、この機会に覚えて頂きたい住宅ローンを紹介致します。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能である程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

新しく新築を購入したものの、返済している間に三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いので万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。