派遣社員の住宅ローン
審査は甘い?厳しい?

派遣社員は住宅ローンが組めるのか?審査厳しい?

最近は正社員じゃなく派遣社員の人が増えていますが、派遣社員でも住宅ローンを借入することができるものなんでしょうか? ネットで調べてみると、正社員以外は借入不可能という銀行も多いみたいだけど、中には借入できるところもあるんですよね。

ただ、派遣社員の住宅ローン審査ってかなり敷居が高くなるのかもしれないなあ。 正社員のように将来的な収入が安定しているわけではないだろうし、派遣っていつクビを切られるか分からないような不安定さがあるし・・。 でも、派遣社員でも住宅を購入している人が実際にいるってことは、派遣社員の住宅ローン審査って、借入額がそれほど大きくなければ借りられるってことなのかな。 仕事内容によっても審査結果が変わってくるようですね。

例えば専門性の高い仕事なら、比較的安定性が高いと評価されるから、審査にも通りやすいようです。 あるサイトでは、派遣社員が家を買う時には年収の4倍くらいまでは借入可能だって書いてあったけど、派遣社員ってそれほどたくさん給料をもらってるわけじゃないので、それくらいの借入額でほんとに家が買えるんでしょうか? 頭金をたくさん貯めているなら購入できることもあるかもしれないけど・・。 やはり派遣社員で住宅を購入するって大変なことなんですね。

派遣社員の住宅ローン審査では、ほとんどの人が落ちてしまったりするのかなあ・・。 それか高金利の住宅ローンしか、派遣社員の住宅ローン審査は通らないとか。 高金利で借りちゃうと、返済していくのが大変ですよね。 金利が高いと、ほぼ金利だけの返済になってしまい、ほとんど元金が減らないってこともあるんでしょうね。 元金が減らないってことは、いつまでも出口の見えないトンネルの中にいるようなもので、不安しかありませんよね。 しかも派遣社員という形でしか働いていないと、不景気になった途端、失職してしまう危険性も高いし・・。 家を購入するからといって簡単に正社員になれるってこともないし、派遣社員って大変なことだらけですね。 派遣社員で住宅を購入するなんていうのは、現実的にはかなり夢のようなことなのかもしれませんね。

住宅ローン審査で通ったとしても、そこからの返済生活はよりハードなものになっちゃうから、やはり派遣社員で家を買うのはちょっと無謀なことなのかも。 ただ、今は派遣社員という形態で雇用されている人が多いので、それを考えると、今後はもうちょっと派遣社員に対する柔軟な策が講じられてくるかもしれないなあ。

 

派遣社員でも組める住宅ローンのメリットとデメリット

夢のマイホームを建てたいと考えたときに金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも受付可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申込者全員が通る。

という事でもないので注意してください。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金繰りの事ではないでしょうか。

多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

支払期間は非常に長いので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金無しでも住宅が購入できる!という広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

その代わり、月々の返済額は膨らみます。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

将来、派遣社員が組める住宅ローンを考えているけど高額なために多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

従って、最近ネットでも話題になっている評判のおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、登録している方だからこそ割引してもらえます。

ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

もし、法律に違反いている契約であったとすればこれを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

派遣社員が組める住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。

参考:住宅ローン審査に通らない人とは?借りられない理由【審査甘い銀行は?】

申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、または新築か中古の住宅を購入した方になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

他にも細かい条件があるので、確認しながら少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

もしも年収200〜300万円の方は難しいかもしれません。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。

申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。

という風な単純なものではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低ラインと言われています。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、その中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を一時しのぎで借りるローンの事を指します。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため早急に対応できないと、後々支払いが大変になります。

まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。